いろいろなレビューを載せていきます。お役に立つ情報を厳選します。

「恋するシェフの最強レシピ」は金城武とチョウ・ドンユイの料理がテーマのラブコメディ

2020/03/15
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃

こんにちは Shumanです。

スポンサーリンク

2018年3月公開の中国ー香港映画「恋するシェフの最強レシピ」を紹介します。

上海の高級ホテルを舞台にした美食家の実業家と見習い料理人が繰り広げるロマンチック・ラブコメディです。
自分の舌に自信満々の美食家の実業家ルー・ジンに金城武、見習いだが自由な発想で斬新なレシピを創り出す女性シェフのションナンにチョウ・ドンユイ。

この二人が料理で対決しながら、徐々にお互いの距離を縮めていきお互いに大切な関係になっていく物語です。
実業家が天然な?見習い女シェフに振り回されるさまが笑えます。

「恋するシェフの最強レシピ」の気になる物語は?

 

上海で名門ホテルの買収に成功したルー・ジン(金城武)。
ビジネスにも食事にも常にパーフェクトを求める高慢な男。
世界の味を知り尽くした絶対味覚を持つ彼には、このホテルの有名料理長の提供するメニューが気にいらなかった。
けれど、見習いシェフのションナン(チョウ・ドンユイ)の自由な発想から編み出される斬新なレシピには心惹かれていく。
ジンがテーマを決めて料理をオーダーすると、ションナンがプライドをかけて完璧な一品で応えていく。

この料理対決を通じて、ションナンに会ってみたいと思い始めるジン。

スポンサーリンク


ドジで無鉄砲な性格だが、料理の腕前だけは天才肌の見習いシェフ。
ションナン「あなたの全部が嫌い」
ジン「君はバカで論理的でなく、常識はずれ。酔えば支離滅裂、部屋はブタ小屋だ」・・・

最初は正反対ゆえに反発しあう二人だが、徐々にお互いの本質や良さを認め合い、心が近づいていく

そんな時突然、ションナンの才能をはるかに凌駕する美人シェフ(リン・チーリン)が現れる。
果たして二人の関係はどうなってしまうのか?

スポンサーリンク

ラコステ Polo +1

「恋するシェフの最強レシピ」気になる予告編はこちら

出典:シネマトゥデイ

この予告編だけでも、ションナンの天然さ?がよくわかりますね。

チョウ・ドンユイってどんな女優?

金城武さんについては、もう皆さん知ってますよね。
父は日本人、母は台湾人で1973年10月に台湾で生まれました。

レッドクリフ」の諸葛孔明役で有名ですし、日本のTVドラマにもたくさん出ていた時代がありました。
この映画で物語のキーマンになるリン・チーリン(林志玲)とは、「レッドクリフ」でも共演しました。
映画は「恋する惑星」「LOVERSーラバーズ」「ウィンターソング」など多数。
日本のテレビドラマでは1998年に深田恭子と共演した「神様、もう少しだけ」、2000年の中山美穂と共演した「二千年の恋」があります。

チョウ・ドンユイは1992年生まれですから、今年26歳です。
幼少期は体操チームに入団していたようです。

2009年17歳で「サンザシの樹の下で」でデビュー。
7,000人の候補者の中からチャン・イーモウ監督の目に留まりました。
ヒロイン役として透明感ある清純さから、中国では「13億人の妹」と呼ばれています。
ほかの代表作として「シチリアの恋」があります。

確かに美人女優というより、その豊かな表情から味のある、いろいろな顔を持つ女優なんだなあと思います。
メグ・ライアンみたいに、次の作品で別の顔をまた見たくなる、そんな魅力があります。

スポンサーリンク

 

ほかにも「料理」をテーマにした映画やドラマはあるの?

洋画では 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏にようこそ~」(2012年)
ジャン・レノのコメディです。
ジャン・レノは、日本のトヨタ自動車ノアのCMで、ドラえもん役でのび太役の妻夫木聡と共演していましたね。

面白CMキャラとしては、サントリーBOSSのトミー・リー・ジョーンズの宇宙人ジョーンズさんもいましたね。

日本のCMでは、こわもての俳優さんがはっちゃけた、ほんとうに意外性のある、面白い味のある演技を見せてくれます。

日本のTVドラマでは
江口洋介、倉科カナの「dinner」(2013年)
一癖あるけど頼りがいのあるシェフを江口洋介が好演していました。


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Copyright© shumanの風まかせ , 2018 All Rights Reserved.