いろいろなレビューを載せていきます。お役に立つ情報を厳選します。

人気の缶ビールをおいしく楽しむコツ?飲むタイミング、冷やす時間、グラスの選び方、注ぎ方は?

2022/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。 日頃

初夏ですね。
ビールがおいしい季節になりました。
ビール、とりわけ缶ビールをおいしく飲むコツを紹介します。
家飲みの機会が増えた昨今、ちょっとしたポイントを知って活用しましょう。

スポンサーリンク

 

缶ビールを飲むBESTのタイミングは?

 

外で買ってきた缶ビールをすぐに飲むのは避けましょう。
飲みたい気持ちはよーくわかりますが、そこはおいしく飲むために我慢我慢。

 理由は・・・温度が上がって、炭酸ガスが暴れないように、1日冷蔵庫で寝かして冷やすことが必要なんです。

おいしく飲むコツは、温度を5~7度に調整すること。
だから、キンキンに冷やすのは禁物です。
「冷やすほどおいしくなる」と思ったら、違うみたいです。

 理由は・・・ビールに含まれるたんぱく質が凝固して、沈殿するから


缶ビールの保管場所は、冷蔵庫内のどこ?

 では、買ってきた缶ビールを冷蔵庫のどこに入れて冷やしますか?
取り出しやすいから、ついつい
ドアポケットに入れてしまう?
それは避けましょう。
 理由は・・・「ドアの開閉のたびに、ビールが振動し、中身が刺激されるから」

ではどうすればいいか?
それは、缶ビールを立てた状態で、揺れない場所に置くこと。
そして、冷蔵庫の冷気の吹き出し口の近くは避けること
理由は・・・缶ビールがキンキンに冷えるのを防ぐためです。

 

グラスの注ぎ方で気を付けることは?


では、グラスに缶ビールを注ぐ方法です。
それには

1、1度で注ぐ方法

2、3回に分けて注ぐ方法
・・・・の大きく二つの方法があります。

1の一度で注ぐ方法は、

グラスを傾けて入れ始め、徐々に立てていきます。
よく忘年会や歓迎会で、お互いに注ぎあっこしている席等でよく見かけますね。
 メリット :注ぐ時間が短いため、炭酸が抜けにくく爽快感が失われません。

 デメリット:泡の量が少なくなるので、苦みをより強く感じるかもしれません。

2の3度注ぎの方法は、
 グラスを垂直に立てて注ぎ、泡が落ち着いてきたらまた入れて、都合3回でグラスいっぱいにする方法です。
 メリット :泡が多くなるので苦みを感じにくく、炭酸の刺激も和らぐので、比較的マイルドな味わいになるところです。

グラスの種類は、ビールの種類に合わせる必要があるの?

左側が、「エール」ビールです。

ビールグラスは、ジョッキやコップ、大小さまざまです。
でも、実は
形で楽しみ方が変わるって知ってましたか?

1、ワイングラス型
  飲み口がすぼまった形は、グラス内に香りがとどまるので、エールタイプにピッタリ
2、ストレート型
  ボデイーがまっすぐなこの形は、グイっと一気に飲んでのど越しを楽しむラガータイプのビールに合っています。

※グラスを冷やしたいときはどうすればいいの?

 その場合は、冷蔵庫に1-2時間くらい入れて冷やします。
 冷凍庫は冷えすぎるので向きません。
同じく長時間冷やすことも避けましょう。
 グラスの内部が凍って凹凸ができてしまいます。
 その凹凸のために、冷凍庫内のにおいがついてしまったり、注ぐときにビールが揺れ動く原因になったりします。

では、これまで紹介した内容のまとめです。

まとめ

1飲むタイミングはいつがBEST?
・1日冷蔵庫で寝かして冷やす。
・温度は5-7度
2ビールの保管場所は、冷蔵庫内のどこ?
・冷気の吹き出し口は避ける
・冷蔵庫のドアポケットは避ける。振動は禁物。

3グラスの注ぎ方の注意点はなに?
・1度でグラスを傾ける方法・・・・・・・爽快感があり、苦みが強い。
・3回に分けて注ぎ、垂直に注ぐ方法・・・苦みがすくなうマイルドな味わいになる。

4グラスの種類はビールの種類に合わせる必要があるの?
・ワイングラス型・・・香りを楽しみたいときに適する
・ストレート型・・・・一気飲みでのど越しを楽しみたいときに適する
5グラスを冷やすときはどうすればいいの?
・冷蔵庫に1-2時間だけ冷やす。
・冷やしすぎたり、凍らせるとまずくなるので注意

 

ぜひ少しの工夫で、缶ビールをよりおいしく飲みたいですね。
ではまた

スポンサーリンク

 


この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。 日頃

Copyright© shumanの風まかせ , 2022 All Rights Reserved.