いろいろなレビューを載せていきます。お役に立つ情報を厳選します。

LENOVOのノートPC  Ideapad330S 購入1か月のレヴュー ここが良かった!気になった?

2020/07/19
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃

こんにちは Shumanです。

スポンサーリンク

LENOVOの14インチノートPC  Ideapad330Sを購入して1か月が経ちました。
感想は、「他の人にも自信をもってお奨めできる」と思います。

そこで、詳しく、購入して「気に入ったポイント」、「残念だった点」などを紹介します。

購入の4条件とは?

  項  目 希望条件lenovo
Ideapad330S
従来機(lenovo ThinkPad E450)

2015年購入

ストレージSSD256GBHDD 500GB
メモリ4GB以上8GB           4GB
CPUcorei   第8世代        corei5(8250U)

 

corei3(5005U)
液晶非光沢非光沢非光沢

 

上記の4条件は外せませんでした。

その中でもやはり、起動に一番影響するストレージのSSDが最もその違いを感じたところでした。
今まで容量重視で、HDDのPCしか使ったことがなかった私には起動の速さが驚きでした。

下の動画のように最初の起動が早くなりました。
これ、意外に大きい効果です。
じっと待つストレスがないっていいですね。
初めてのSSD搭載機でしたが、これから買い替えるときはSSD一択かも?
但し、容量はHDDに比べると少ない(256GB)ので、そこはSDカード(外部メディア)に逃がします。

そこで一つだけ残念なことがわかりました。
SDカードについてです。
これは後で説明します。

スポンサーリンク
パソコン・周辺機器 の 売れ筋ランキング

では、実際の電源投入からの起動の速さをご覧ください。

LENOVOのノートPC  Ideapad330Sの起動時間は果たして何秒?

約7秒で立ち上がります。
これから使い込んでも変わらないことを期待します。

スポンサーリンク

注目の仕様や外観は?

180度画面が開くので、前にいる人にも画面を示しやすく、非光沢なので反射がなく、目が疲れにくいです。

 

USBのType-C端子も今回初めてです。
この機種のバージョンは3.1です。

 

注意点(その1)SDカードを装着すると飛び出してしまうこと

それは、「4‐イン‐1メディアカードリーダー」です。
これが唯一といっていいくらい残念な部分です。

実はここにSDカードを装着すると、カードが飛び出してしまうんですね。
出先で使うとき、落としたり折ったりしないかすごく不安で、気になります。

実際にSDカードを装着した画像は、下の写真のようになります。

※microSDカードにアダプターをかませて、標準サイズにして挿入しています。
外に持ち出すことを考えると、普通にmicroSDカードリーダーで良かったかもしれません。

仕様表はこちら

 

スポンサーリンク

注意点(その2)電源アダプターは大きめ

その1は、前記のように「SDカードがはみ出して、モバイルとして挿入したまま持ち運びにくい」ことでした。

そして、その2は「電源アダプターが大きいこと」です。
モバイルの必須条件は、本体のみならず、周辺機器もコンパクトで持ち運びにかさばらないこと。
薄型なのはいいんですけどね。

電源の駆動時間は長めです。
残り27%で約2時間の表示でした。
バッテリー自体は合格です。

 

USB TYPE-Cについて

この端子を使うのは初めてでした。

ちなみに、この機種では左側面のイヤホン・ヘッドホンジャックの左側に1か所だけあります。
通常のUSBの進化版でしょうか?
これから販売される新しいPCには、普通に搭載されるようです。

なお、私はUSB TYPE-CハブをAmazon Basicsで後日購入しました。
都合、USBのA端子が4つ増えて都合6つに増えました。
結果として、マウスやBDドライブなどの使用機器の用途が広がりました。

なお、このPCは光学ドライブがありません。
外付けのDVDまたはBDドライブを用意する必要があります。

実際に、このハブの端子に接続したBDドライブでBDにTVから録画した映画が再生できました。
(ソフトはPowerDVD16 ultra使用)

USB TYPE-Cハブ

くわしくはこちら

スポンサーリンク

まとめ

今回このPC ( Ideapad330S)を購入した決め手は

①CPU   ー第8世代corei5
②メモリ   ー8GB
③ストレージ ーSSD256GB
④液晶    -非光沢

やはり、この4つが最大のポイントでした。

CPUはPCを動かすための、いわばエンジンのようなものです。
より高性能なCPUを積むことで、PCでできることが増えたり、処理速度が早くなります。
当然PC本体の価格にも影響します。

車に例えるなら、人が移動する手段に使うという点で軽自動車と2000ccの普通車は目的は同じです。
でも、高速道路での追い越しや緊急時の加速など(2000ccの)いざというときに、余裕馬力の違いは役立ちます。
高級車(高性能車)を買うということはこの余裕を買うことだと思います。
単に車が大きいだけとか、ドヤ顔がしたいからだけではありません。

なお、第8世代のcorei5の処理能力は、ひとつ前の第7世代のcorei7に匹敵するとの評価もあります。
(基本的に、数字が大きい方が高性能で高価です。)

この4条件をみたすPC が、下記のように直販で7万円以下で購入できます。
その違いがきちんと体験できるのは本当にお買い得です。
嬉しいです。

なお、まだ選択肢の主力機は第7世代のcoreiを積んだ製品が多いようです。
今急いでこの現行機種の中から選ぶか、少し待って、値段の落ち着いた第8世代から選ぶのか
思案のしどころですね。
でも歴史的に、新しい機種の方がお得になり、購入後の満足度が高くなることは確かなことです。

1台のPCを長い間大事に使い続けたい人、処理時間の長さやもっさり感にイライラしたくない人。
是非、購入の選択肢としてご検討ください。

LENOVOの商品は、下のようにeクーポンコードを使うのがお買い得で必須です。

LENOVOの公式HP 詳しくはこちらから

最後に
ThinkPadは、iマークの赤ポッチが点灯してそのブランドを強く主張してきます。

こんな感じです。

キーボード右下隅にもあります。

その点で、このPC ( Ideapad330S)は控えめです。
下の写真のように、天板の左上の隅(下図参照)に薄く表示されているのみです。
それも「Ideapad」ではなく「LENOVOです。

地味といえば地味ですが、邪魔にならないところは好きです。

 

それではまた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Tポイントがザクザクたまる!
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Copyright© shumanの風まかせ , 2018 All Rights Reserved.