いろいろなレビューを載せていきます。お役に立つ情報を厳選します。

浦沢直樹の「あさドラ!」は、「伊勢湾台風」を後世に伝える貴重な記録漫画

2020/06/20
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃

昨年2018年は、昭和34年9月の伊勢湾台風襲来から60年の節目の年でした。
ちょうど、「伊勢湾台風」を映像で伝えてくれる漫画「あさドラ!」を見つけました。
紹介します。

スポンサーリンク

私は、昭和34年当時2歳になるかならない頃で、名古屋市港区竜宮町に住んでいました。
母は今でも時折、いつもはお乳が欲しいと泣く私が、避難場所でずっとおとなしくしていたので助かったと話してくれます。
今思うと、何か尋常でないことが起きているーと幼な心にも、うすうす感じていたのかもしれません。

また、夜、父も仕事で不在で心細い中、母は外から水が室内に入り込んできたので、赤ん坊の私を天袋に上げて必死に守ったんだとしきりにその時の尋常でない水かさの恐怖を語ってくれました。
もちろん、私には当時の記憶はありません。

スポンサーリンク
本 の 売れ筋ランキング

令和という新時代が始まりました。
平成生まれも30歳代になっているわけで、昭和は遠くなるばかりですね。TVのバラエティ番組で、10代の若者にカセットテープを見せてその使い道を聴くインタビューを放送していました。
なんと、50人中8人しかそれがなんだかわからなかったんです。
だから、画面に映ったU4という赤い「ラジカセ」(=ラジオカセットレコーダー)のことも当然ですが使い方がわかりません。
番組出演者の芸能人たちは若いころ、TVの前に陣取ってラジカセをTVに向けて、音楽番組などを直接録音するドラマ仕立ての映像に、「あった、あった」と懐かしがっていました。
でも平成やこれからの令和生まれの若者には、まったくぴんと来ない話になるんでしょうね。

神戸や東北の震災、熊本や北海道と地震で被害を受けた地方があり、まだ復興途中の地域も多いです。
そんな自然災害の怖さを私に最初に植え付けた「伊勢湾台風」を、後世の人にも伝えたいと思いました。

こんにちは shumanです。

伊勢湾台風とは?

伊勢湾台風(いせわんたいふう、昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ/Vera )
1959年(昭和34年)9月26日潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれることとなった。
最低気圧895 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
75 m/s
最大風速
米海軍解析)
165 knot[1](約 85 m/s)
死傷者数死者 4,697名
行方不明者 401名
負傷者 38,921名

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典:名古屋市HP
昭和34年10月 校庭に流れ込んだ流木(南区白水小学校分校)

伊勢湾台風の被害を伝える当時の貴重なニュース映像は

出典:名古屋市公式

この台風の特徴は、高潮の被害が大きかったことです。
貯木場の流木が流れ出て、特に名古屋市南区、港区は大変な被害が出ました。
のちに南区浜田町には、死者300余名、その人たちを含む多数の靴が流れ着いた場所に、「くつ塚」を建て、その霊を祀っています。

それが下の写真の「慰霊の碑」です。

 

オレンジ色が濃い地域ほど浸水位が高いことを意味します。

最高浸水位2.50m(矢印の赤い帯のライン)

被災30年後に伊勢湾台風の惨禍を永く記録にとどめるために設置されました。

この浸水位標識の前に実際に立ってみました。
こんな高さ(矢印の赤い帯のライン)まで水が押し寄せてきたら、それは「ひとたまりもない」と痛感しました。

通称「くつ塚」

 

伊勢湾台風を後世に残す漫画「あさドラ!」

 

スポンサーリンク

「YAWARA!」(1986年連載)「HAPPY!」(1993年連載)「20世紀少年」(1999年連載)。
小学館「スピリッツ」「20世紀少年」完結から11年、待望の浦沢直樹の新作漫画です。
第1話は、主人公の浅田アサが名古屋弁全開で登場する、伊勢湾台風を題材にした物語です。

物語は、1959年9月の名古屋市南区。
ここに住む主人公の12歳の少女「アサ」が、台風の直撃を受けるところから始まります。
アサは医者の娘と間違われて誘拐され、そこに段々と迫ってくる台風の襲来前の緊迫した状況や不安を実に臨場感たっぷりに描いています。

奇跡的に助かったアサは、家族のいる自宅が被災してるにもかかわらず、他の被災者の救命に活躍します。
ついつい引き込まれてしまいます。
2018年10月から、「スピリッツ」で連載中で、2019年1月まで掲載された8話分が読める単行本第1巻(上記の本)が3月末に発売されました。
新章は第9話からのスタートです。

新たに、単行本第2巻も2019年9月30日に発売です。

スポンサーリンク

それではまた

 


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県出身の熟年オヤジです。困ったときの解決法や好きな商品のレビュー、気付いたことなど誰かのお役にたちそうなことを記事にできたらと思っています。長い目でお付き合いください。日頃
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Copyright© shumanの風まかせ , 2019 All Rights Reserved.